日本野鳥の会神奈川支部HPの舞台裏?等、管理担当者のメッセージ。あくまでも非公認なブログなので、悪しからず。

2015年5月5日火曜日

図鑑のおとな(?)買い



 文一総合出版のハンドブックを3冊まとめ買いしました。 特にハムシ、ハチ等、チョッとマイナーな昆虫はハンディな図鑑があるととても助かります。
 「ハムシ・・・・・」は白バックに昆虫の写真が掲載されており、標本にされて変色した種類も生態写真が添付されているところなど、チャンとした図鑑になっています。

 書店等で事前に情報を集めておかなかったこともいけませんが(通販で購入)、「ハチ・・・・」と「カミキリムシ・・・・」には正直なところ、期待はずれなところがありました。ほぼ全部がフィールドで撮影された写真で、特に「カミキリ・・・・」の場合、シッカリ識別できないような種類も多数見受けられ、残念な内容でした。
「ハチ・・・・」も掲載種類数で不満が残りました。例えばどちらかといえば一般種と思われるナミルリモンハナバチが載っていなかったりします。同じく文一総合出版から出版されている「日本の昆虫1400②」には掲載されているのに、ハチ専門のハンドブックには載ってないとは・・・・・

 逆にいえばコンパクトなサイズななかに白バックで掲載種類数を稼いだ「日本の昆虫1400」①、②の優れた点を再認識する結果になりました。


 

0 件のコメント :

コメントを投稿